新カードゲット!

タイトルがああ言っても……実際本命として入手したカードはとても古いカードであります、はい。

グリマスの温泉カシャは専用チケットで運良くで一枚引いた。
(まあ、チケットは3枚しかないので、運がいいというえばいいでしょう。)
引いたのは、最上静香。
1_20130503165311.jpg
外面が好みのキャラなので、一応当りと言ったところかな。
最近のグリマスは本当に良心的ですね。いろんな意味で。

モバマスの小悪魔ガチャも同じチケットでやった。
引いたのは、海老原でした。
4_20130503165617.jpg
防はとても高いので、意外と使える……かも?(私はクールPだけど)

ついでにR愛海を購入した。
2_20130503165619.jpg
キュートキャラですけど、この子面白いから購入した。
モバマス貴重な百合(?)キャラだし……

本命はこちらの凛です。
3_20130503165621.jpg
ずっと前からほしかったので……次はヴァレンタイン凛か……あれはなかなか高いだな、スタドリの意味で。(遠い目)

それと、最近のモバマスについて、一つ気になることがあります。
大事な問題だと思うが、そこまで大事なことでもなかった?

実は、最近の新カードのセリフと劇場を見ると、そう思ったです。
モバマスの子、最近、照れすぎたじゃない?
なんかさ、媚びすぎて面白みがない感じをしてきた……

すごいハーレム気味で一部のプレイヤーは喜ぶかもしれないけど、私としてはキャラの個性が薄くなった気がしたので、ちょっとつまらない感じをした……
あくまで私個人の感じですけど……

新イベント

モバマスとグリマス、両方とも今日から新イベント。

モバマスは……どう言えばいいのでしょう。
せこい、という感じがしますね。イベントのポイント報酬に投票券が入ってる件……
そりゃ、わざわざ課金しなくても投票券をもらえるけど、金、友情ポイントとくらべると、やはり実用性が低い。
モバマスの投票は実際、軍隊と軍隊の戦いなので、普通の無課金や一般課金プレイヤーだと、なにをしても無意味な気がする。

グリマスは……トレード機能は実装された。ただし友達限定のトレードです。
グリマスの問題はスキル持ちのカードの処理です。
モバマスみたいに寮(倉庫)がいないので、なかなか困る。
せめてフリートレード機能があれば……

こうして見ると、文句多いなぁ、私……(笑)

グリマスをプレイ

ようやくグリマスをプレイできたので、ちょっとしたメモです。

営業とバトルという基本システムはモバゲーと大差はないけど、結構違うところがあります。
営業は同じ、スタミナを消費して、営業の達成率を100%にして、ついてに新アイドルゲット。
バトルの部分、モバマスは攻コストがあって、一回のバトルで全部消費するので、次のバトルをしたい場合、回復を待つか、エネドリを飲むか、この二つです。
グリマスはバトルポイントです。全部5ポイントあって、他のプレイヤーと戦ったら、1ポイント消費です。
普通は5回戦闘できるけど……フェスのことがあって……
モバマス営業中のバトルはコスト消費しないけど(イベント除き)、グリマス営業中のバトル(フェス)はポイント消費します。だから、今のところ、わりとスタミナが多く残って、バトルポイントが0になった状況が多い。
あんまり気楽に営業できませんね。
まあ、グリマスのバトルには衣装の奪い合いがないので、相手の強さに悩むことはあんまりないでしょう。

レアの部分、モバマスはN、R、SRがあって、それぞれ特訓できて+になれる。
グリマスはN、HN、R、HR、SR、種類はモバマスより多いけど、特訓はないので、二枚目を探す手間はない。
(ただし、グリマスには覚醒というシステムがあって……上位カード専用の特訓というべきかな……)

それとデッキの組み方。
両方とも同じデッキコストという制限があるけど、一応モバマスにはプレイヤーの属性がある。
開始時、キュート、クール、パッション、この三つに一つを選らんで自分の属性になる。
デッキのアイドルの属性もしプレイヤーと同じなら、能力は少し上がる。
あとスキルもカード自身のスキルだけ、グリマスにはキャラスキル以外にも特別なスキルがある。
例えば、同月生まれとか、同じ星座とか、歳が近いとか、いろいろ……
それと、プレイヤーに属性分けがないので、デッキの組み方はわりと自由。
一応カードには原作ゲームと同じ、cute、dance、visual分けているが、自分の好きなように組める。

最後はキャラかな。相変わらず876の子はいませんね。
グリマスの子は殆どアイドルになりたいから自分で来た。
だから、わりと正統派な感じ?かな。
モバマスの場合、Pがいろんな所からスカウトして来た子なので、いろいろ濃いです。キャラが……
あと、モバマスと違って、グリマスの絵風はアニマスと同じように統一しています。

グリマスのイベントはやってないので、この部分はなにも言えない。
どっちの方が良心的なのも……同じ言えない。(おい)

まあ、同じソーシャルゲームだし、似たようなものもあるでしょう……
(財布を絞る意味で。)

構築新ルール

まあ、知ってる方は多いと思います。
ヴァイスシュヴァルツのカード使用制限ルールに変更がありました。
もちろんアイマスにも。

ABやリライトはまったく触れなかったのはちょっと驚いたけど、
アイマスの変更も……どう言えばいいでしょう。

とりあえず、前とは同じように、「3種選抜」です。
ただし、「ジュピターとの対決!」は使用制限解除、代わりに「古き都の貴音」が選抜に入った。

さて、「古き都の貴音」は仕方ないですね。
今メインのアイマスデッキは殆どこのカードを4枚入り。
私自身は『たかゆき』デッキを作るために、このカードを使ってる。
回復、早出し、コスト節約……あんまりにも使いやすいので、使用制限がかかるのも当たり前のこと。

でも、どうして「ジュピターとの対決!」の制限が解除されたのか?
そりゃ、確かに今の環境だと、「ジュピターとの対決!」なんて特に強くないから。
だが! それでも! このカードは回復効果持ちです。

最近のヴァイスシュヴァルツのカードを見ればわかると思う、ブシロードの方針。
できるだけ一局の時間を短くしたいため、回復効果を持つ効果があるカードを減っている。
回復のせいでゲーム時間を長く伸びるのを避けたいし、試合がくだくだになれないように。
だから、「ジュピターとの対決!」の制限解除は微妙に意味不明になっている……

まあ、アイマスとまどかは今の環境では、回復が多くて強いですから。
回復手段が少なくなると、可哀想になるかもしれない……

新CD

今日にモバマスに一部のアイドルの声を実装します。
もちろん一番気になるのは本田未央の声ですね。

それとモバマスCDも第3弾が決まりました。

『THE IDOLM@STER CINDERELLA MASTER』シリーズ第3弾が2013年1月23日に5枚同時リリース決定

選抜されたのは本田未央、川島瑞樹、小日向美穂、多田李衣菜、十時愛梨。
十時の声優は原田とは……意外ですね。
でも一番意外なのは、川島さん……川島さんのCDだと!?

いや、これは冗談やネタ抜きで、本当に予想もしなかった……
そもそも、公式の川島のキャラがどんどんおかしい方向へ進んでる気がするけど。
一体川島をどんなキャラにしたいの? 公式……

シャイニーフェスタは遅く遅くプレイ中。
音ゲーム苦手なので、正直難度PROはすでにキツイ。
アイテム頼りでなんとかなったが、MAは本当に無理。

音ゲームとしてはそれなり楽しめるゲームと思いますが……
そうね、不満といえば、『たかゆき』の絡みが少ないです!! (おい)
チューン篇はソロとトリオだらけ、なんでデュオはないのよ!! (こらこら)

それ以外は、まあ、ゆっくりやっていきます。ゆっくりと……
プロフィール

ターニャ

Author:ターニャ
百合m@s紙芝居専用ブログ
Twitter:glyuri


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

和此人成爲好友