これはSOSです

このブログを作った以来、私は決まった。
できるだけ無関係なことをここに書かない、完全に百合やアイマスのためにあったブログにしたいです。
でも、多分もうそんなことを言う余裕がなくなったんです。

今からは、アイマスPではなく、一人の台湾人として、助けを求めたいです。
自分勝手なのは承知の上ですが、自分の国と自分の未来に危機が迫ってくるのに、なにもしないわけにはいきません。

まずこれを見てください。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140319-00000052-jij-cn

世界の皆様へ:
 ただいま台湾の国会は民衆により占領されています。先日に「両岸(台湾と中国)サービス業貿易協議」法案が無理やりに可決されたことが原因になっています。
 その協議は、とてつもなく不平等で、数多くの市民と学生が国会で反対運動をしています。但し、政府はいま鎮圧部隊を集めており、台湾を守りたい民衆たちを強制的に解散しようとしています。
 今こそは、台湾にとって大切な時です。世界諸国からの支援と注目を頂きたいです。
 もしこのメッセージをご覧になったら、台湾のためにシェアして頂けませんか。そして、少しだけでも、台湾の民主と未来のために一緒に祈って頂けませんか。
 ご注目、誠にありがとうございます。

次は私がツイートで言ったことです。

台湾人として、この件はネットで広がることしかできません。台湾のマスコミを信用できないから。
なにしろ、こんな大事なこと、昨日、殆どのニュースは報道していなかった。しかも今日のニュースで、抗議の市民と学生たちを暴徒という汚名を被らせようとしている。(なにもしてないのに、警察を攻撃し、器物を破壊する冤罪まで出来上がっている。)
「サービス業貿易協議」の不平等さを簡単に説明すると、ジャアンド理論です。『中国人の金は中国人のもの、台湾人の金の半分は中国人のもの』、たとえ台湾人の台湾での商売でも、主導権は中国人に握られている。台湾の会社は中国人を雇わなければならない可能性まである。
こんな大事な協議、政府の実権を握る国民党は、協議の内容、協議を結ぶ担当者、いつ、誰、どうやって結ぶのか、全部秘密で進行していた。正しい規則と手順を無視して。
前日は審査会議を開いた。そのつもりだったが、会議はまだ始まってもいないのに、主席はトイレを行く振りをして、会議室の隅でいきなり審査なしで、協議通過を宣言した。
正直言うと、怖いです。自分はまるで独裁国家にいたように怖いです。本当のことを言うと、この協議が通ったら、台湾は完全に終わりです。台湾人は人間ではなく、家畜に成り果てるんです。
これは政治への文句ではなく、一人の台湾人として叫んだSOSです。
以下は今回の件に関する各国言語版です:https://www.facebook.com/juntingy/posts/720727484614055
………拡散をお願いします。ただそれだけでいいです。

とても絶望的な状況ですけど、それでも戦う人たちがいた。
もし今回の件でも政府の独裁が許されたら、次は本当に血を流す革命をしないとダメです。

ここで無関係なことを書いて、誠に申し訳ありません。
プロフィール

Author:ターニャ
百合m@s紙芝居専用ブログ
Twitter:glyuri


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

和此人成爲好友