【アイドルマスター】 ある女性Pの765日記 SP 『深愛』

【アイドルマスター】 ある女性Pの765日記 SP 『深愛』

ようやく仕事が終わって、家に帰りました。
こんな大事な日に合作してくれた皆さんと一緒にいないこと、本当にすみません。
そして、サポートチームと校正してくれた皆さんへ、ありがとう。

さて、下は今回の作品についていろいろなことです。
かなりな長文ですから・・・見るのはおすすめできないと思います。


さて、どこからはじめますか・・・
まずは今回の話は「ある女性Pの765日記」の外伝ですが、
雰囲気は本編とは違って、非常にシリアスな作品です。

一応、本編とリンクするつもりです。
とはいえ、最初、「ある女性Pの765日記」というタイトルを付くかどうかはかなり苦悩しました。
なにしろ本編はギャグですから・・・
でも、美希のこととか、二人の女性Pのこととか、こういう理由で、「ある女性Pの765日記」の外伝にしました。

もちろんこの話を思いついた原因は『深愛』を聞いた。
でも、一番の原因はやはり、

「雪歩はアイドルの中、一番芯が強い子ですから。」

愛情は綺麗ではありません。
むしる綺麗事ばかりでできた恋は長く続かない。
本当の愛を手に入れた同時、人も強さを得た。

そう思って、私はこの話を書いた。

意外に、真の弱さと雪歩を強さを描くのは簡単でした。
一番むずかしいのは貴音でした。
貴音の雪歩への思いを描くのは思ったより苦戦でした。
だから、この話では、貴音の思いをあんまり表現してないのは一番ほしい所かも。
今回の貴音はある意味、ただの「いい人」ポジションかもしれません。

タイトルは『深愛』を名付けた理由も、単に挿入曲を『深愛』にしたから。
でも、どこから曲を入るのか、これも結構悩みました。
もちろんフルを使ったら、悩む必要がないんですけど、
フルを使うと、いろいろやばいですから・・・・・・

ゆきまこは関係を隠している。
そして悪徳の記事によってばれる危険があった。
最初からこの設定で行くと決めました。
もちろん、ゆきまこの関係が発見されて記事にされた設定も考えましたが、
なんとなく、この設定の話を書きたくないなぁ・・・
いや・・・本当になんとなく。
ちなみに、EDに『My Song』を使うのもなんとなく・・・
いや・・・たって、『My Song』が万能すぎますから、『まっすぐ』に負けないくらいね。

さて、実はこの話、バッドエンドを用意しております。
とはいえ、今回DRAM@Sに選んだエンドもハッピーエンドとは言えませんし。
なにしろ、「問題は解決してません」から。

バッドエンドなら・・・多分いつか別の紙芝居に使うかも。
この話のバッドエンドを迎えた後のゆきまこの話・・・ですね。

留言

發表留言

只對管理員顯示

引用


引用此文章(FC2部落格用戶)

プロフィール

ターニャ

Author:ターニャ
百合m@s紙芝居専用ブログ
Twitter:glyuri


最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
リンク
ブロとも申請フォーム

和此人成爲好友